どっかのケーブル屋について

こんばんは。

今日は当店よりもアク強い昔からある変なケーブル店についてのお話です。
当店も大概変な店ですが、あそこには勝てんな~。

そのお店は基本通販ですが、大阪日本橋に店舗がございます。
そこに変な店員がいまして、ちゃんと試聴もできます。

私も実際に聴いてみました。
ちなみにあの店員は社長じゃなく雇われている人ですので念のため。

そこの音がかなり酷くてパサパサの乾きすぎた音で、低音も出ないし高音も出ていません。
かと言って中音も充実していないし、安いラジカセの巨大版みたいな音です 。

これでよくホームオーディオを完全否定できるなと思いましたが、
社長の好みの音が相当変わった方向に向いているのかなとも考えられます。

HPでスタジオや生音がどーたらと力説している割には、薦めているのは何故かPA用スピ ーカーです。
スタジオモニターを薦めるのならまだしも、その時点で論理が破綻しるような気がしますがね。

そしてお勧めのPA用アンプですが、これは好き嫌いあると思うのですが、
ホームオーディオに使うには何か違い音ですし、また疲れる音だと思います。

実際事務所でも使ったのですが、ストレートな色付けの無い音でパワーもありますが、潤いや艶やかさは全く無いです。
これは好みの問題もありますので、私は否定はできないです。

後あそこが販売しているトランスですが、ほぼ効果がないことが判っています。
これは私自身が昔買ってしまったのと、実際に導入した事のあるお客さんにも聞きました。

私自信、自分の部屋に導入して何の音の変化もありませんでしたし、案の定お客さんも何も変わらなかったと仰られていました。
どのサイトか忘れたのですが、電気工学的に効果がないと書かれているサイトもありました。
まず導入する価値は無いと思います。

逆に評価できる点は、スタジオや業務用のケーブルを世に広めた事が最大の功績だと思います。
カナレ・モガミ・ベルデン、WEのケーブル類ですね。

また今のオーディオ業界が狂っていると意見も、100%ではないですが大方賛同できます。
その点で言えば、あの店に救われた人も多いと考えられますので、この点は大いに評価したいところです。

ケーブルだけ売っとけば良かったのかもしれませんが、客単価も低いしそうせざるを得なかったのかもしれません。
私もカナレやモガミを事務所で使っていますが、安いですしね~。

とりあえずこんなところですが、決して悪い評価ばかりしてる訳じゃないので、そこのところよろしくお願いします。

関連記事

PAGE TOP