ONKYO E-63AmkⅡ

70年代オンキヨーのドーム型スピーカー!!

3ウェイ・3スピーカー・密閉方式・ブックシェルフ型
低域用:30cmコーン型
中域用:5cmドーム型
高域用:2.5cmドーム型
35Hz〜20kHz

99dB/W(50cm)
幅400×高さ680×奥行330mm
21kg

オンキヨーが、1971年から74年まで発売した大型スピーカーです。
ホーン型のE-83Aシリーズの弟分みたいなスピーカーです。

兄貴と違いホーン型ではないですが、非常に高額なドーム型スコーカーとツイーターを使用しています。
また低音には、アルニコの30cmウーハーを使用した非常に贅沢なスピーカーです。

ウーハーは、U-6000と同型が使われているようです。
キャビネットとネットワークは、E-83Aシリーズとほぼ同じつくりです。

状態は比較的良い方だと感じましたが、キャビネットに付き板の剥がれが見受けられます。
パテで埋めて修正していますが、近くで見ると判ってしまいます。

正面だけだと判らないですが、左右で色合いが違います。
あくまで45年以上前のスピーカーですので、予めご了承ください。

今では超高額になってしまいそうな、70年代初頭の素晴らしいスピーカーの1つです。
音も兄貴分に負けていませんし、全く違う良質なスピーカーとして使えます。

メンテナンス内容のご紹介

・キャビネットは、凹みや傷はパテで埋め、全体を研磨しオイル処理を行いました。
・スピーカーターミナルは、フルレンジ入力のみ高級端子に交換を行い、他の端子は磨いて綺麗にしました。

・各ユニットのチェック・クリーニングを行いました。
・ウーハーユニットは、色褪せたコーン紙を再塗装しております。

・ネットワークの劣化したコンデンサーを全て交換いたしました。
ツイーター用のフィルムコンデンサーを、オーディオグレードのフィルムコンデンサーに。
ウーハーとスコーカー用のBPコンデンサーを、オーディオグレードのBPコンデンサーに交換しました。

・正面のアッテネーターの分解クリーニングを行いました。
・裏面の切り替えスイッチのクリーニング接点復活を行いました。

以上のメンテナンスを行い、まだまだ使えるようになったと共に、音も蘇りました!!

音は、U-6000と同じウーハーを使用したためか、非常に低音の鳴りっぷりが良く、重厚な分厚いサウンドです
低音から中音にかけての充実感は目を見張るものがあります。そしてよく聴き込むと、高域も比較的クリアで澄んだ美しい音です。
目立たないながらも、とても素晴らしいスピーカーだと感じました。
やはり70年代を初めとする旧い音楽に合い、当時の歌謡曲やフォーク等のボーカルにピッタリでした。
またオールドジャズも素晴らしく、管楽器であろうが、ピアノであろうが非常に素晴らしいです。
また低域が良いので、オーケストラもこなせるオールマイティさがウリです。

ホーン型スピーカーであるE-83Aシリーズよりも使いやすいスピーカーだと思います。

ドーム型なので、セッティングがそこまで難しくないのがこのスピーカーの良い所です。

安価なスピーカーながら、現在ではこの値段でこのクラスのスピーカーを手に入れるのは無理です。
非常にレベルの高いスピーカーと断言できます!!
お値段は、
36,800円。

お買い得価格に設定させていただきました!!
一年間の保障が付きます。
このスピーカーに関するお問い合わせはこちらから↓


PAGE TOP