ONKYO E-83A-MkⅢ

オンキヨーホーンスピーカーの定番です!!

方式 3ウェイ・3スピーカー
密閉方式ブックシェルフ型
低域用:30cmコーン型
中域用:ホーン型
高域用:ホーン型
再生周波数帯域 30Hz~20kHz
最低共振周波数 45Hz
許容入力 30W
最大入力 60W
インピーダンス 8Ω
出力音圧 99dB/W(50cm)
クロスオーバー周波数 700Hz、7kHz
外形寸法 幅420×高さ720×奥行390mm
重量 23kg
59,500円(1台、1972年頃)
65,000円(1台、1974年頃)

1970年代のオンキヨーはホーンと言っても過言は無いでしょう。
このEシリーズやUシリーズ、そしてセプターシリーズと、良くこんなに造っていたものだなと感慨に浸ることができます。

オーディオの足跡さんのカタログデータを見るだけで、どれだけ凄かったのか判りますね。
今でもこれらのシリーズは中古市場で出回りますが、数は減ってきているようです。

オーディオを知る上で、時代を知る上で非常に貴重なものですので、残していかなくてはと思います。
もしお持ちのでご不要なお客様がおられましたら、当店に売ってください。
他店よりもかなり高い値段を付けて、買い取りいたします。

このE-83AMkⅢは1972年から1974年に発売されたホーンスピーカーです。
状態はまずまずで、片側のウーハーユニットのセンターキャップに凹み、ウーハーコーン紙が劣化、
スコーカーユニットの塗装剥がれがあります。

外装もカケや傷、天板にシミ等はございますが、まずまずの状態を保っています。
裏板を止めるねじが2つ死んでいましたので、パテ埋めしています。

キャビネットに関しましては、オイル処理を行い、仕上げに高級蜜蝋ワックスで仕上げました。
サランネットは前オーナーが張り替えたようで、茶色です。

 

メンテナンス内容のご紹介

・ネットワークの劣化したコンデンサーを全て交換しました。
ウーハーの高域カットとスコーカーの低域カットに、国産のオーディオ用BPコンデンサーに交換。
スコーカーの高域カットとツイーターの低域カットには、国産のオーディオフィルムコンデンサーに交換しました。

・キャビネットを全体的に研磨し、オイル処理を行い、高級蜜蝋ワックスで仕上げました。

・裏板を止めるネジを新品に交換しました。

・各ユニットの清掃・チェックを行いました。

・ウーハーユニットのコーン紙を、専用塗料で再塗装しました。

・スピーカーターミナルを、高級金メッキ端子に交換しました。

・セレクタースイッチの清掃接点復活を行いました。

これらのメンテナンスでまだまだ使えるようになったと共に、音も蘇りました!!

瞬発力の高い鮮烈な音が素晴らしいです。
ホーン型スピーカーの特色である中高音が、一気にストレス無く前に出てきます。

ホーン型は能率が非常に高いため音の損失が少なく、中高音の出方がクリアーで非常に解像度が高くなります。
暖かい音とは違ってくるため合わない人も多いと思いますが、そこが魅力的ですね。

キャビネットは密閉なのでドコドコとした低音は出ませんが、締りのある良質な低音です。
電源のしっかりした駆動力の高いアンプを使えば、迫力ある低音が楽しめます。

基本的に当時に近い音源が良いでしょうが、オールドジャズの管楽器には毎度驚かされます。
異常にリアルで、耳を劈くように音が入り込んできます。

また昔の歌謡曲やフォーク等のボーカルモノも愛称は良好です。
懐かしい歌を聴いて、ノスタルジーに浸るのも良しでしょう。

当店のベストセラースピーカーの1つです。
超お勧めです!!

お値段は、52、000円。

状態の関係で、いつもよりお買い得価格に設定させていただきました!!
1年間の動作保障付き。
ONKYO E-83A-MkⅢ 関するお問い合わせはこちらから↓

PAGE TOP